奈良らん

nararanran.exblog.jp
ブログトップ
2013年 02月 05日

私の好きな桜の歌の一文

 



『年毎に  咲くや吉野の  山桜  木を割りて見よ  花のありかを 』


a0220813_11363984.jpg

                                           (2013年2月3日三重県正月堂にて)

いくら桜の木を解体して調べてみても

桜の木のなかに花はない。

しかし春が来れば必ず花は咲くのです。






私の好きな一休さんの
道歌(一体骸骨)にある一文です。
桜の木をみると 
この歌をふと思い出します。
命のすばらしさ不思議さ。
木の中に桜の花は隠れていないのに
春が来れば、淡い色の芽が芽吹いてきます。





にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ

↑ ぽちっと、ありがとうございます(^-^)

 今日は午前中に、ちょっと出かけてきましたが
 歩くと暑い暑い^^;
 今晩から明日の朝にかけて雪だるまマークなんだけど
 最近の天気予報、ちょっとあたっていない気もするんだけど・・・・。
[PR]

by nararanran | 2013-02-05 11:44 | 奈良の桜 | Comments(14)
Commented by 白雪 at 2013-02-05 12:06 x
素晴らしいですね。何かを考えさせる力がありますね。そこで考えました。
「年ごとに 増えるしらかみ わがあたま かきわけてせよ 根より黒髪」
                                        全 休
Commented by belgium44 at 2013-02-05 16:08
らんさん、こんにちは~♪
まだ花を咲かせる前の桜の木、モノクロが美しいです。
一休さんの歌なのですね。
吉野の桜の光景は一度見てみたいものです。
でも遠いのと人も多そうでなかなか実現しません。
梅もそうだけど、寒い時期に花を咲かせる準備をしてすごい。
本当に明日雪降るのかなぁ~?
Commented by kumaroba at 2013-02-05 16:23
桜の木って、ちいちゃいちいちゃい蕾が出始めると、
遠くから見たら木全体があわ~いピンク色になるよね。
アレが好き。
どこをどうさがしても見つからん桜の花の赤ちゃんが
ちょびっとだけ顔をだしてくれた瞬間よね。
人間は何でも自分で作れるような気がしてるけど
”無”から”有”を生み出すことだけはでけへんのよね。
今日のお歌、”にんげんに必要な謙虚さ”を思い出させてくれる
とっても味わい深いお歌です。
Commented by nararanran at 2013-02-05 17:20
白雪さん♪
何かを考えましたか?
何???(^-^)
今日からは、全休さんの一番弟子にさせていただきたいと思いました(笑)
門下生としては一歌・・・
「甘いもん ケーキお団子 もちあずき 今日までは 明日からは」
落第点ですね^^;
Commented by nararanran at 2013-02-05 17:23
さおりさん♪
吉野の桜、すっごいですよ~
桜も人も(笑)
一度だけで、それ以来は・・・^^;
でも、行きたいなって毎年思います。
今晩から雪降るのかな?
わたしの気にしつつ、今晩は窓を開けたり閉めたりしそうな予感♡
Commented by nararanran at 2013-02-05 17:28
ろばみさん♪
そうそう花が咲く前のピンク色に枝が見える頃もいいですね。
今は梅だか桃だかの木が少しピンクに染まっています♪
この歌を聞いた時には、何でももっと深い目で物事をみなきゃって考えさせられました。
「無」から「有」生み出すことできんね。
人間ってちっちゃぁ~~~^^;
謙虚さは失われています・・・ね。
「自然にやさしく」って言葉も苦手。(人間の横暴な考え方そのものやん)
人間がやさしくするんやないんやけど
自然に包まれて優しさをもろてるのが人間やのにって思いますもん。
Commented by itohnori at 2013-02-05 20:00
nararanranさん、今晩は。
 コメント頂いたのを見落としておりまして、お返事が大変遅れてしまいました。
申し訳ありません。
そんな私ですが、これからもよろしくお願い致します。
 一休さんの読んだ歌ですか。
解説して頂いて内容が分かりました。
性急に桜の木の中を見ても仕方ないのですが、やはり桜の咲く時期が待ち遠しいです。
お気に入り登録して頂きましてありがとうございました。
こちらも登録させて頂きました。
Commented by nararanran at 2013-02-05 20:25
itohnoriさん♪
こんばんは~。
丁稚さんからワープさせていただきました(^-^)
水彩画を楽しみにしています♪
描けないのですが描いたのを拝見するのが好きなんです。
いつかは・・・いつかは・・と思っているんです(笑)
丁稚さんオモロイですね(*^_^*)
Commented by sotora2011 at 2013-02-06 00:05
最近、天気予報が微妙ですねー。
何を着てったらいいのやら、わからなくなります。
桜、たしかにどこに花の要素を隠し持ってるのか
不思議ですし、先に花だけわんさか咲いて、あと
から葉が出てくるっていうのも、考えるとおもしろ
いものですね。
Commented by nararanran at 2013-02-06 07:39
RUNNEさん♪
最近の天気用予報はちょこっとずれていますよね。
間際まで信用できん(^_^;)
温かい日やってゆわれてたんに、めちゃ寒かったり
寒いよ~ってゆわれて着込んだら暑い日やったり(・∀・)
桜は花のあとに葉っぱは何でなんやろうね?
ダーウィンの進化論でも書いてないかも知れないw
いつか調べてみようっと(覚えていたら♡)

Commented by nonohana28 at 2013-02-06 10:43
らんさん おはようございます。
束の間の暖かさ・・・・ぶり返しの寒さがこたえます(>_<)
私ね、初めてコンデジを手にした時、初めて遠出をして
撮りに行った所が吉野の桜でした。
確か大河ドラマの「義経」を見ていた頃でした~~♪
撮影スポットがあってすごい人盛りでしたが・・・・
でも山は淡い濃淡の桜色で美しく華やいで
写真にも残っていますが今もその彩りが浮かんできます。
また行きたくなりました。
あの時でも言われていましたが随分と桜の木が減ってきたのですね。
いつも、らんさんブログを拝見して気づかせていただくことが多いです。
有難うございます。
Commented by nararanran at 2013-02-06 15:39
nonohanaさん♪
こんにちは~。
寒いですね^_^;
今日も寒さで家にこもっていましたw
吉野の桜、思い出の場所だったんですね♪
あと、どれくらいで咲くのかな(気が早いか・・・な)
山全体が桜で埋め尽くされていますもん。
圧巻です^_^
私も写真残っているかも、しばらく見ていないから
ちょこっと見てみようかな、えへへっ♡
行く時は朝早くから出発しないと混むだろうなぁ。
今年は、どこへ花見に行こうかな・・・やっぱ気が早いっ(笑)
Commented by 倶楽部の丁稚 at 2013-02-06 16:23 x
10年チョイ前に住んでた城陽市の家から 一休宗純が住んでいたという京田辺の?なんとか?という寺 へは何回か 前を通りました
 近くに知り人が住んでたもんで …
あそこから 大徳寺まで 歩いていったというではありませぬか!
 かなり変わった 御仁だったらしいですね 
Commented by nararanran at 2013-02-06 19:57
丁稚どんはん♪
城陽市に住んでいらっしゃったんですか?
それは、近い(^^ゞ
一休寺さんですかね?
一休さんは変わってたらしいですねw
あっ私、一休さんが好きなんじゃなくって
この歌が好きなんですよ(笑)


<< 春日大社の巫女さんの藤の簪      寧日(ねいじつ) >>