奈良らん

nararanran.exblog.jp
ブログトップ
2013年 03月 17日

毛原廃寺跡



奈良時代帝都の大寺院に比肩(ひけん)する七堂伽藍をもった寺院
金堂七間4面・中門5間2面・南門5間2面の礎石が当時のまま残っています。



a0220813_22482022.jpg






金堂の規模は唐招提寺金堂に比すべき大きさであったと考えられるそうですが
今は、民家の間にひっそりと礎石だけが残っています。
礎石の間に畑が作ってあったり、素朴で私的には好きな環境でした。
過疎化が進まず、生活と密着した歴史的文化遺産がこの雰囲気のまま残って欲しいと願いました。
(↓礎石の向こうに写っているのは民家なんですよ)


a0220813_22495359.jpg




お寺に関する文献は残っていないそうですが東大寺の文献から
東大寺領杣支配所とも考えられているそうで、
大仏殿建立の折に毛原寺周辺から木材を切り出したかもしれない・・・・・ですね。


※ 毛原廃寺跡
   大正15年10月20日国の史跡に指定
   住所 奈良県山辺郡山添村大字毛原



にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ

↑ 足あとかわりにポチッと。
  ありがとうございます^^

  今日はお天気もよく月ヶ瀬梅林まで足を伸ばしましたが
  もうちょっと後のようでした^^;
  今年は桜前線は早めのようですが、梅は遅めかな?
  人と車は多かったですよ。





  
[PR]

by nararanran | 2013-03-17 23:15 | 奈良の寺院 | Comments(8)
Commented by belgium44 at 2013-03-17 23:43
らんさん、こんばんは~♪
はじめて聞いた名前です、どこにあるんやろう~と見たら
山添村ってはじめて聞きました、室生寺と同じ方向なのかなぁ~?
月ヶ瀬村の梅はまだ見頃ではなかったのですね~。
広すぎてどう撮っていいのか迷った覚えがあります。
また行ってみたいなぁ~。
ほんと、梅は遅め桜は早いかもしれませんね~♪
Commented by nararanran at 2013-03-18 00:41
さおりさん♪
こんばんは〜。
毛原廃寺跡、家の間にあるので親近感のある所でした。
でも探さなくても見つかり、やれやれ(笑)
月ヶ瀬梅林は、撮りにくいですね^^;
桜のような豪華さがないから何だかぼやけた写真になっちゃいますT^T
わたしも苦手。
Commented by 白雪 at 2013-03-18 07:30 x
ガタンゴトンと揺られながら拝読させていただきました。久宝寺  に着きました。
らん様おはようございます。毛原なんと読むのでしょう?
月ヶ瀬早いですか?再度行ってください。
Commented by itohnori at 2013-03-18 08:29
nararanranさん、お早うございます。
 全く方向違いなのですが、記事を拝見して松尾芭蕉の
”夏草や兵どもが夢の跡”を思い浮かべました。
昔の栄華が偲ばれますね。
Commented by kumaroba at 2013-03-18 08:36
奈良はそういう素朴さがあっていいですね~。
礎石だけっていうのがまた奥ゆかしい。
よく歩きに行く山野辺の道にも、途中廃寺があって
(廃仏毀釈の影響で)いっつもそこの木陰で休憩します。
桜、こっちはそろそろですね~。
今年は早い!
Commented by nararanran at 2013-03-18 09:54
白雪さん♪
お仕事お疲れ様です。
今日は、暖かい日ですね^^
さすが最近は電車の中から!!
新聞を読んでいる人みかけなくなりました、みな新機種使用ですね♪
「けばら」と読みます。
車でないと難しいですが、民家の間でした。
Commented by nararanran at 2013-03-18 09:56
いとのりさん♪
おはようございます~。
地元の話題で申し訳ないです^^;
でも「夏草や・・・・・」ぴったりかも!
民家の間で畑もしていて、畑の中に礎石があって
井戸は民家の前に^^
風情満点でした。
Commented by nararanran at 2013-03-18 09:58
ろばみさん♪
素朴!素朴!
礎石の横に畑から出たゴミ捨ててあるもん(笑)
自分の畑の中に礎石があるんだよね。
いい所でした^^
山の辺の道・・・これから梅に桜に^^
行きたくなるでしょ~ろばみさん♡


<< 学位授与式      お地蔵様に手を合わせ >>