奈良らん

nararanran.exblog.jp
ブログトップ
2013年 03月 26日

京都高瀬川木屋町通りの桜



京都の木屋町通りと平行して流れている「高瀬川」


a0220813_11275931.jpg





江戸時代の随筆「翁草」をもとに書いた森鴎外氏の「高瀬舟」

この小さな川を見ていると想い出すハナシ。

ときに廻りの喧騒をかき消し、一瞬違う世界へ導かれていきそうになる小さな流れです。






にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

↑ 足あとかわりにぽちっと。
  ありがとうございます(^-^)

  今日の奈良はお天気はよいのですが
  風が冷た~い^_^;
  洗濯も終わったことだし、ひさしぶりに「高瀬舟」を読んでみようかな・・・。
  計13ページ、ゆるゆると読めます。
[PR]

by nararanran | 2013-03-26 11:48 | 京都 | Comments(12)
Commented by belgium44 at 2013-03-26 12:14
らんさん、こんにちは~♪
今日も昨日以上に寒いね~(>_<)
私は夜にこちらで桜を見てきました~。
この界隈を通ると、やっぱり森鴎外の高瀬舟が浮かびますね~。
でも実は、小説読んだことがありません(爆)
だけど、タイトルと作者は知ってるんですよね。
計13ページなのね、これからすぐに読めそう~♪
Commented by 倶楽部の丁稚 at 2013-03-26 12:32 x
らんさん こんにちは
 京都にいたときは 木屋町とか寺町とか ほっつき歩いて よく飲みに行ったものです 思い出しますねぇー
 ところで 今回は 森鴎外ですか …
これは また オラが田舎のプチ自慢のネタではないですか
 鴎外は 津和野の生まれですが 親父の静男というのは 婿養子で
山口県防府市の 植松というところの出身なのです
 だから 鴎外も 小さい頃は 防府に来たようです
丁稚も 防府市の出身です 芥川に続いて 奇遇です ホントの話
 次はダレでしょうか? 楽しみであります 
Commented by 白雪 at 2013-03-26 17:32 x
高瀬舟 読んでる 姫さん うつろ舟

  しだれの桜  川面に揺れる
Commented by itohnori at 2013-03-26 19:50
nararanranさん、今晩は。
 高瀬舟は京都の高瀬川を上下する小舟のことの様ですね。
ネットで”高瀬舟”を検索したら、鴎外の小説が載っていました。
この際と思い、読んでしまいました。
nararanranさんのブログを拝見しなかったら、読むことはなかったでしょう。
色々な示唆に富む小説ですね。
読む切っ掛けを作って頂いてありがとうございます。
Commented by nararanran at 2013-03-26 20:28
さおりさん♪
こんばんは~。
今日も寒かった~^_^;
どこか散歩にって思ってたけど辞めました。
高瀬舟!短編なので是非読んでみてください。
次から高瀬川を見る自分の目が変わりますよ♪
Commented by nararanran at 2013-03-26 20:33
丁稚どんはん♪
こんばんは~。
ほっつき歩いて飲んでいましたか(爆笑)
うらやましい~~~^_^
へぇ~防府と御縁が!!
あのですね~以前に防府のPRをしている頃があって
ポスターを見て行きたい!って思って
でも、すぐに災害がありましたよね・・・・。
なぜだか防府は忘れられない地なんです。

Commented by nararanran at 2013-03-26 20:34
白雪さん♪
「うつろ舟」じゃなく・・・「うつらうつら舟」^_^;
舟をこぎつつ13パージを読んでいました。

大当たり~~~~!
Commented by nararanran at 2013-03-26 20:37
いとのりさん♪
こんばんは~。
高瀬舟、なかなか考えてしまう小説です。
わたしもblog更新してから再読しました。
2つの問いかけに自分自身の答えはありますが、
何が正しいのかは、いつも考えてしまいます。
Commented by evecookymama at 2013-03-26 20:56
らんさん
高瀬川のほとりでランチをしました。こぶしの花が満開でした。
Commented by nararanran at 2013-03-26 21:07
eveさん♪
素敵なランチでしたね^_^
予約しないといっぱいだったでしょ?
昨日もアチコチ順番でした。
こぶしの花、真っ白いのんですね♪
Commented by sotora2011 at 2013-03-27 20:40
京に桜って、ちょっとかしこまった気分になるからでしょうか。
文学的なものが恋しくなりますね。
Commented by nararanran at 2013-03-27 21:30
RUNNEさん♪
京都は奈良とまた違って優雅ですね^^
小説も身近なものが多い気がします。
(私が知らないだけかも知れないけど)


<< 冬椿・・・落椿      鉄子 >>