奈良らん

nararanran.exblog.jp
ブログトップ
2014年 03月 04日

二月堂にお参り


東大寺の二月堂の「お水取り」


a0220813_1627237.jpg



練行衆の方の足袋は煤けていて、行の厳しさを慮ります。



今日はお堂の外で日中の法要を聴聞させていただきました。

二月堂の「お水取り」の期間中は家に帰っても、煤の香りがしています。



にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ

↑ 足あとかわりにぽちっと
  いつもありがとうございます(*^_^*)

  そのまま二月堂で「「お松明」まで待とうかって思ったりしたんですが
  夕食の用意もしてこなかったし、
  よく自分を見るとコートも着て来なかったので帰りました^^;
  明日は雨なので、ちと残念。
  日中のあとにある数取懺悔・・行きたい・・。

  
 
  
  
[PR]

by nararanran | 2014-03-04 16:39 | 二月堂お水取り | Comments(22)
Commented by itohnori at 2014-03-04 17:59
nararanranさん、今晩は。
 >練行衆の方の足袋は煤けていて、行の厳しさを慮ります。
本当ですね。大変な行なのでしょうね。
それを見守る奈良の人々の信心深さを実感致しました。
Commented by mmpphoto at 2014-03-04 18:26
こんばんは。
僕も練行衆の方を撮ろうと(昇り階段で)しましたが、
松明の後(少し離れて)を歩かれるので、暗くてダメでした。
ISOをかなり上げましたが、横からの撮影だと、直ぐに前を通り過ぎてしまいました、目の前の竹柵の間からだと流し撮りも出来ず(T_T)
何処かで撮りたいな~
Commented by arak_okano at 2014-03-04 18:40
お水取り、大変な荒行だと察します。気軽に写真を撮りたいと思ったアラックの甘さを知りました、ありがとうございます。
Commented by よっちん at 2014-03-04 18:47 x
お水取りを初めて見に行った(撮りに行った)のが
30年前のことでした。
終ってから「飲みに行こう」と友人と奈良駅のあたりに行ったら
全く店が開いていなくって
近鉄線で鶴橋まで行って
焼肉食べたのを覚えていますよ(^^)

応援ぽち
Commented by nararanran at 2014-03-04 19:43
★いとのりさん♪
 こんばんは~。
 一晩中、行われるのでタイヘンだと思います。
 それもジッと座って行われる行ではないので精神力が並大抵ではないと察します。
 今は一日じゅうの二月堂には参拝者が絶えません^^
Commented by Harvest--Moon at 2014-03-04 19:45
こんばんは!
お水取りの季節ですね~
去年は二日間通って、迫力のあるシーンを目の当たりにすることができ
とてもいい思い出になりました。
練行衆の方の焼けた足袋の説得力もありますね~
Commented by nararanran at 2014-03-04 19:50
★masaさん♪
 こんばんは~。
 夜は難しいです・・・わたしにはお松明も無理っ^^;
 masaさんすごいなぁ~って、毎日感心しています。
 今日も13時頃にはすでに手水の横で数人待っていました。
 ・・・6時間待つの・・・ですね。

 
Commented by nararanran at 2014-03-04 19:51
★アラックさん♪
  期間も長いですし、食事もお昼と深夜の行がオワってお粥さんをすするくらいだとか。
 私のような凡人には出来ません^^;
 有難いです。
Commented by nararanran at 2014-03-04 19:56
★よっちんさん♪
 30年前ですか^^
 そのころも奈良は早くお店が閉まるんですね(笑))
 今も駅周辺のお店や三条通は早くから静かです。
 今でも瑠璃絵などの帰りの方々は
 「さぁ、帰って大阪でご飯行こ~」って云いながら帰途についてマス(T_T)
Commented by nararanran at 2014-03-04 20:01
★Harvest-Moonさん♪
 こんばんは~
 お水取りが始まりました。
 二日間も通いましたか♪
 奈良に住んでいるものとして嬉しいです。
 ありがとうございます。
Commented by なむさいじょう at 2014-03-04 20:50 x
こんばんは!

ワタクシも聴聞で入堂すると、靴下が薄汚れます。
全身ススをかぶるし、鼻の穴がすごいし、たまに黒い痰が出るし。
これを14日間やるのですから、練行衆は大変ですね。

数取懺悔。
礼堂に3人若い衆が出ますから、彼らの動きに合わせて正面の局でやってみたら?
あの動き、ダイエットにも良さそうですよ。
(ヨケイナオセワデシタ、チャンチャン)
Commented by hiro2637h at 2014-03-04 20:52 x
おお、今日はモノクロできましたか?
お水取りの行の厳しさがよくでていますね、
なかなか見る方も大変みたいですね。
やっぱり見学者も多いのですか?
Commented by cha-ppa at 2014-03-04 21:01
めちゃくちゃかっこえーー。。。
らんさんのブログで奈良、再発見がいっぱいです^^
煤の香り、個人的には大好きなんですけどね。
でもきっと大変な行なんでしょね・・・
数取懺悔の動き???
気になります。。ダイエット!!
Commented by nararanran at 2014-03-04 21:04
★なむさいじょうさん♪
 こんばんは~。
 煤だらけになりますね(笑))
 服についたコトはまだないのですが
 そう・・鼻の中は黒くなります(局で聴聞してかえると、まずは鼻の掃除・・笑)
 数取懺悔は昼間に五体投地が拝見できるので好きなんです。 
 好きって表現はおかしいかな^^;
 わたしも正面で毎回拝ませていただきます♪
 お水取りの期間は、「男性」に生まれたかった~って思う日々です。
 ダイエットにいいかも立てったり座ったりしてますしね。
Commented by belgium44 at 2014-03-04 21:07
こんばんは~♪
モノクロの雰囲気のある写真ですね~。
明日は天気が残念だけれど、まだまだ期間があるから
見に行って写真撮ってきてほしいです~。
やっぱり撮るには、早くから行って場所を確保しておかなければ
ならないのでしょうか~?
Commented by nararanran at 2014-03-04 21:07
★hiroさん♪
 足元を撮ると、どうせ白と黒だけなんでモノクロにしちゃいました。
 見学する人・・めっちゃ多いですよ。
 規制もかかる日もあります^^
 火の粉をあびたい方もいらっしゃるし
 カメラを持った方も(*^_^*)
Commented by nararanran at 2014-03-04 21:13
★ちばさん♪
 こんばんは~。
 煤の香りいいですよね~わたしも好きですが
 家に帰ると、ますます強烈に香ります(笑))
 おもわずお風呂・・お風呂・・って。
 着ていた服にも香るので苦笑い状態です。
 数取懺悔では立てって座っての動作や
 五体投地といって板に自分の身体を打ち付けたりするんです。
 すごい痛そうなんですが・・昼間の行なので見えるんです。
 ダイエット☆
 ダイエット☆ 笑
 そうそう最近、晩酌をしていなかったら一週間ほどで1キロ痩せました(^^ゞ
 問題はアルコールやと、ようやく気づいた。。
 
Commented by nararanran at 2014-03-04 22:16
★さおりさん♪
こんばんは~。
今回は白と黒だけだったので
モノクロにしました。
お松明の写真を撮ろうとしたら
少し早めに行かなきゃ人の頭の間からしか見えないかも(ToT)
年々、人が増えているように感じます。
Commented by kurese0535 at 2014-03-04 22:49
らんさん、こんばんわです。
うーん、すごい行なんですね〜。
新聞記事だとわからないワンカットですね。
写真撮る自信はないけどとりあえず観てみたいです。
うーん、花粉と風邪さえひかなければ・・・。
Commented by ruudran at 2014-03-05 05:26
おはようございます。

切り取り方もモノクロ仕上げもナイス!!!
なんか言葉では表現できないけど厳しさとかが伝わってきます。

ボクもこういうの撮らないと!!!
期間中、奈良らんさんの記事をみるのがいつも以上に楽しみです♪
Commented by nararanran at 2014-03-05 10:30
★kureseさん♪
 こんにちは~。
 そうですね、お声明を聴聞するとゾクゾクします。
 きっと多くの方がそうなんでしょうね。
 だから、遅くまで聞きに来られたりするんでしょうね^^
 目で見て聴いての両方をお勧めいたします。
 お松明が終わると堂内で行わる法要もいいですよ。
 「局」という札のかかっている扉の中に入って聞けます。
 暗くて見えないし・・人も多いんですが
 
Commented by nararanran at 2014-03-05 10:35
★しゅ~さん♪
 こんにちは~
 連続で行かれていますね^^
 ハマりますようね、お水取りは♪
 わたしもゾクゾクします。
 それこそ写真は無理だろうけど、早くお松明を見たいです(^^ゞ


<< 東大寺二月堂お水取りのお松明の跡      二月堂の線香立ての邪鬼 >>