奈良らん

nararanran.exblog.jp
ブログトップ
2017年 05月 27日

京都の正寿院さんの風鈴祭り




今年も7月1日から行われる

京都 正寿院さんの「風鈴祭り」

涼しい写真を一枚どうぞ



写真は昨年のものです。


a0220813_10360292.jpg
(京都宇治田原町 正寿院)



今日も奈良は快晴の1日

週末のはじまりです。

きのうの奈良さんぽでは

靴のあとが日焼けでくっきり

あなどるなかれ、すでに太陽光線はハイビームでした。




まずは洗濯おばさんに変身して

あれこれ・・・そして、あれこれ

[PR]

by nararanran | 2017-05-27 10:42 | 京都 | Comments(12)
Commented by umi_bari at 2017-05-27 10:44
今年も行かれますか、やっぱり日本の夏には
風鈴が合いますね、バグースです。
Commented by revoir-dima at 2017-05-27 12:00
正寿院、あれから調べました。
風鈴まつりは7/1からです。予定表にも入れましたが、これと和束の茶畑って、もう時期遅いですかね?
Commented by nararanran at 2017-05-27 12:07
アラックさん
今年も行きたいとは思っています(*´∀`)
風鈴祭りは期間が長めなので行きやすく助かります。
日本の夏には・・蚊取り線香と風鈴ですね^^
Commented by nararanran at 2017-05-27 12:10
dimaさん
キレイに整列してる風鈴が印象的です。
おふさ観音さんのように広くないです。
和束のお茶は年中大丈夫やと思います。
ただ刈入れした後で青しい葉っぱが採られて茶色い枝だけの時もあって・・
どうかなぁ?
もしその時分に通ることがあったら報告いたします。
通らなかったら・・・ごめん~っで終わってしまう 笑 ^^;
Commented by teineinakurasi at 2017-05-27 17:42
らんちゃん、こんにちは^^
うわぁ~涼し気ね~
風鈴の音色が聞こえてきそう^^
らんちゃんのブログを見て
目から涼しさを感じました^^
Commented by shizuo7f at 2017-05-27 18:41
らんさん聞こえてきます、涼しげな風鈴の音が。
そうだ!今夏は軒下に風鈴を。
車の中でも日傘をさしたいと仰る我が奥さま、
その奥さま曰く、
「今どきの紫外線が一番手ごわい」とか。
間もなくやって来ます日本の夏が。
Commented by nararanran at 2017-05-28 10:56
sakuraちゃん
こんにちは^^
この色がまた涼しげでしょ~
奈良のおふさ観音さんってお寺さんも風鈴祭りするんだけれども
この色合はないよ^^;
今日は暑そうよ。
まだまだ暑さに慣れてないからお互いに気をつけようね♪
Commented by nararanran at 2017-05-28 10:58
shizuoさん
聞こえてきましたか?
チリンチリン♪~
軒下には小さな音色の風鈴が似合いそうですね。
えっ!今どきの紫外線が一番手ごわい・・^^;
わたしは帽子や日傘をさすことが少ないので
外に出ないように心がけなきゃ・・
いや・・・それも難しい 笑
Commented by kurese0535 at 2017-05-28 20:12
らんさん、こんばんわです。
風鈴祭り、よいですね〜。
涼しいお写真ありがとうございます(^^)
ここも行きたいしおふさ観音さんにも行きたくなりました。
日差しが本当に強いですね。
先日快晴の1日外に出て帰ってきたら焼けてるって言われました。
もう日焼け止め入りそうな勢いですね。
Commented by nararanran at 2017-05-30 18:46
kureseさん
こんばんは
今日も暑かったですね^^;
京都もとても暑かったみたく・・・(汗)
これからのことを思うと憂鬱に。
正寿院さんは交通の便がわるくて
おふさ観音さんはわたしも電車の駅から歩いて行ったことあります。
もう日焼けします。。わたしも黒くなってしまいました。
時すでに遅し・・。
Commented by ho-joan at 2017-06-01 08:51
おはようございます(^^)

いつも、「イイネ」を有難うございます。

風鈴!涼しげですねぇ~
優しい音が聞こえて来ます♪       ぶりん
Commented by nararanran at 2017-06-06 11:54
ぷりんさん
こんにちは~
返信おそくなって申し訳ありません。
帰省していて昨日帰ってきました。

こちらこそ、この拙いBlogに「イイネ」がないので
コメントをいただきありがとうございます。


<< 奈良 平城宮跡の朱雀門と近鉄電車      京都の正寿院さんのハートの窓 >>