奈良らん

nararanran.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:奈良の寺院( 16 )


2017年 07月 27日

奈良 おふさ観音さんの風鈴まつり




奈良

おふさ観音さん

毎年の夏の恒例

風鈴まつり


a0220813_19131967.jpg
(2017年7月24日 奈良 おふさ観音)



つかず離れず

等間隔にならんだ風鈴が

なんか好きかも

くっつき過ぎるとお互いに傷つけあって
ガラスの風鈴なら割れてしまうんやろなぁ・・・。

でもなぁ~
時々は、めちゃくちゃくっつきたい時もあるしなぁ~



[PR]

by nararanran | 2017-07-27 19:39 | 奈良の寺院 | Comments(8)
2017年 04月 26日

奈良 南円堂の藤の花が咲きだしています。




藤の葉も

これから長~く 伸~びて伸~びて

芳しい香りの花を たくさんつけます。

あとどれくらいやろか

あともうちょっとやね

a0220813_11355784.jpg
(2017年4月25日 奈良 興福寺境内 南円堂)


南円堂そばの八重桜も満開でした。

多くの人が自撮りしていて

撮ろうと思っても

人のカメラに私が入ってしまう・・・

オバちゃんが映り込むほど醜いもんはないわ・・

そうそうに退散しました。



雨の1日
この雨をくぐり抜けたら
新緑もいっそう増すやろうね。
明日か、明後日か
そんな日が待ち遠しいです。

そしたら苦手な夏も近い・・・
それはそれで困ったコトや。


[PR]

by nararanran | 2017-04-26 11:44 | 奈良の寺院 | Comments(10)
2016年 01月 04日

牡丹で有名な長谷寺の新年





天気に恵まれた2016年の新年

これぞ寧日(ねいじつ)とばかりに

ゴロゴロする予定が

連日お客様との外出に


a0220813_11432416.jpg
(2016年1月3日 奈良県桜井市初瀬 長谷寺)




万葉集では「寧楽」とかいて「なら」と読む表記があるんです。

なので・・・寧日にならなくても

奈良に住んでるだけで「寧日」の日々を過ごしてると思えばいい?




にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ


お節料理も、ありがたく完食
今日は・・・・
そう!今日は・・・1月4日
「丸亀製麺」の釜揚げうどんが半額の日。

今朝の「あさが来た」じゃないけど
大晦日には年越し蕎麦をいただいたので
年始は「太く幸せに」と半額釜揚げうどんに走ります(^-^)



[PR]

by nararanran | 2016-01-04 12:41 | 奈良の寺院 | Comments(42)
2015年 11月 20日

今日の二月堂からの月は、ちょっと太ったお月様





今日は昼から

ちょっと太りだした上弦の月が見えました。


a0220813_20272819.jpg
(2015年11月20日 東大寺二月堂)


ちょっと太った上弦の月

これから満月に向けて

毎日、ちょびちょび太ってゆきます・・


にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ

これから・・・太る^^;

そんなコトバに身震いする私に

ぽちっとな☆



[PR]

by nararanran | 2015-11-20 21:00 | 奈良の寺院 | Comments(20)
2015年 06月 10日

奈良興福院(こんぶいん)門前の半夏生(はんげしょう)の葉






奈良の尼寺 興福院

こちらのお寺さん

門前に半夏生(はんげしょう)が

ひっそり茂っています。


a0220813_14173097.jpg
(2015年6月10日 奈良市興福院)


まだまだ半化粧してませんでした(*´∀`)

レンズが届かないところでは

ちらほら・・・・・白粉で半化粧ちゅう

でも、届かない~~~


にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ

↑ そういう私は、ノー化粧
どうでもいいわけじゃないけど
ノー化粧な私に ぽちっとな☆



※半夏生(はんげしょう)

名前の由来は半夏生の頃に花を咲かせることに由来する説と
葉の一部を残して白く変化する様子から半化粧とする説があるそうです。





[PR]

by nararanran | 2015-06-10 14:29 | 奈良の寺院
2015年 05月 03日

興福寺南円堂の左近の藤と右近の橘





とうとうゴールデンウィークも2日がすぎました。

明日は、残念ながら雨の予報だとか。

ならば、今日のうちに散歩にと

興福寺南円堂まで、お参りかねて散歩・さんぽ・てくてく


a0220813_20521643.jpg
(2015年5月3日 興福寺南円堂)



ほんとは左近の藤を見に行ったのですが

ぬぁんと! すでに散ってしまってました。

でもね、花が僅かしか残っていないのに

藤の花の香りがする

花がなくとも香る

うん、いいね



にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ


↑ 長いGW
どこも混んでるだろうから
家で、じっとしている私に
ぽちっと☆


↓2年前のBlogを、久しぶりに読みましたが
なんか、文章が長い
最近は短すぎるのか
以前が長かったのか
どっちなんやろ?



[PR]

by nararanran | 2015-05-03 21:18 | 奈良の寺院 | Comments(23)
2015年 04月 21日

二月堂の欄干




東大寺二月堂の欄干も

よくみると、なんとまぁ

しわっしわっ



a0220813_17050620.jpg
(2015年3月31日 東大寺二月堂)





にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ

↑ わたしの手は
ジッと見んといてや・・・
この写真を見た瞬間
手を隠した私に

ぽちっと☆


ようやく晴れてきそうですね。
明日は何処へ~



[PR]

by nararanran | 2015-04-21 17:09 | 奈良の寺院 | Comments(10)
2014年 07月 06日

室生ダムに沈んだお地蔵様「濡れ地蔵」

奈良県宇陀市 1974年に完成した「室生ダム」

2年前に、NHKニュースで
ダムに沈んだお地蔵様が、渇水期にひょっこりと姿をあらわすと聞き
いつか、機会があれば手を合わせにゆきたいと思っていました。

それから2年あまり

7月2日に和歌山の那智山に伺った帰りに
三重経由で帰る時、宇陀市を通ったので
寄らせていただきました。
(その途中に三重県で、映画化された「神去なあなあ日常」の神去村を通りびっくりしました)

a0220813_2210628.jpg




ダム湖が満水の時には、すっぽりとお姿を隠されるそうです。
どうも水田に水を供給する時期に渇水になるそうなので
水が引いてからは、すでに3ヶ月は経っているのでしょうか?????
緑豊かな土壌に様変わりしています。

でも、草の生えていない箇所は
このように、ダム湖の下だという事を物語るように干上がった地面が

a0220813_22132984.jpg



山を少し上ったところから見てみると
このように右手にお地蔵様を拝む遥拝所(ようはいしょ)が
この遥拝所も満水時にはダム湖に沈んでいるのだと思われます。
遥拝所から石段を数段降り
草の上を歩くと小川が流れていて
その対岸にお地蔵様がいらっしゃいました。

主人、曰く
この小川で禊をしてからお地蔵様の元へお参りされたのではとのこと。
一般の方は、遥拝所でお参りされていたのではないのでしょうか?
小川を渡るのは、特別な時か
特別な方のみだったのかも。(私の勝手な推測です。)

a0220813_22164024.jpg




遥拝所の周囲には、春に芽吹いた草が茂っていました。
この草木も、また秋にはダム湖に沈んでしまうんですね。

a0220813_2217519.jpg



室生ダムの水は、灌漑用水
そして奈良県北部11市町村400,000人分の上水道に利用されているそうです。
(Wikipediaより)


帰り道
文明の利器のもと、知らないとはいえ
人は、いろんな大事なコトの上にあぐらをかいているんだなと
自分自身の無知に、悲しくなりました。




にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ

↑ 足あとかわりにぽちっと
 いつもありがとうございます(^-^)

  お地蔵様は地獄で私達を持っている錫杖を差し出して救ってくださるお方です。
  片手には、地獄から救い上げてくださる錫杖をお持ちになり
  もう片手には、お釈迦様の舎利(しゃり)が秘められている宝珠を持ち  
  これによって救われ、願い事も叶えられると云われています。

  それを知ってから、わたしはお地蔵様大好きに(^-^)
  きっと地獄から引きあげてくださると信じています。
  (信ずれば救われる?)
[PR]

by nararanran | 2014-07-06 22:55 | 奈良の寺院 | Comments(38)
2014年 04月 08日

奈良南円堂 花まつり

4月8日はお釈迦様の生誕を祝福する「花まつり」

各御寺院では、花で飾った花御堂(はなみどう)がつくられ 
お釈迦様が生まれた時に右手を天に指し左手を大地に向けて
「天上天下唯我独尊」(てんじょうてんがゆいがどくそん)と云われた姿の仏像がまつられ
参拝者が甘茶を、誕生仏にかけます。


a0220813_212545100.jpg



今日は、奈良市内にある西国三十三ヶ所のご寺院のひとつ南円堂の花まつりに。

たまたま聞こえた会話
①団体さんの御一行の中のお一人・・・「この像は神様?仏様?」とツアーガイドさんに聞き
  ガイドさん「ん~~~、神様でしょうか?」・・・・・
  (仏様やと思うんやけど・・)
②観光に来られていたご夫婦に、どこかのオバチャンが親切に説明「今日はお釈迦様の命日なの」・・・・
  (誕生日やと思うんやけど・・)

日本の仏教って、ややこしいなぁ~って思いながら聞いていました。
神様も仏様も同じくらいココロの中に存在してますもんね。
何が何だか、わからなくってエエんちゃいます?



にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ

↑ 足あとかわりにぽちっと
  いつもありがとうございますm(__)m

  今日、コメント欄に
  広告が3つも(;・∀・)
  随分前のblogのコメント欄だったので
  何かキーワードが私の本文に入っていたのだと思います。
  高速道路の「電光掲示板」についてだったので「掲示板」に反応したのかも^^;
  削除すれば済むんですが、
  悩みましたが
  コメントを承認制にさせていただこうかと思います。
  申し訳ありませんm(__)m
  
[PR]

by nararanran | 2014-04-08 21:55 | 奈良の寺院 | Comments(32)
2013年 03月 17日

毛原廃寺跡



奈良時代帝都の大寺院に比肩(ひけん)する七堂伽藍をもった寺院
金堂七間4面・中門5間2面・南門5間2面の礎石が当時のまま残っています。



a0220813_22482022.jpg






金堂の規模は唐招提寺金堂に比すべき大きさであったと考えられるそうですが
今は、民家の間にひっそりと礎石だけが残っています。
礎石の間に畑が作ってあったり、素朴で私的には好きな環境でした。
過疎化が進まず、生活と密着した歴史的文化遺産がこの雰囲気のまま残って欲しいと願いました。
(↓礎石の向こうに写っているのは民家なんですよ)


a0220813_22495359.jpg




お寺に関する文献は残っていないそうですが東大寺の文献から
東大寺領杣支配所とも考えられているそうで、
大仏殿建立の折に毛原寺周辺から木材を切り出したかもしれない・・・・・ですね。


※ 毛原廃寺跡
   大正15年10月20日国の史跡に指定
   住所 奈良県山辺郡山添村大字毛原



にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ

↑ 足あとかわりにポチッと。
  ありがとうございます^^

  今日はお天気もよく月ヶ瀬梅林まで足を伸ばしましたが
  もうちょっと後のようでした^^;
  今年は桜前線は早めのようですが、梅は遅めかな?
  人と車は多かったですよ。





  
[PR]

by nararanran | 2013-03-17 23:15 | 奈良の寺院 | Comments(8)