カテゴリ:滋賀県( 5 )


2015年 11月 08日

琵琶湖の夕焼け小焼け~♪ 日が暮れて~♪





どんな女性でも・・・

あっ・・・

わたしのようなオバハンでも

乙女チックになれる夕焼け


a0220813_19113922.jpg
(2015年11月4日 滋賀県 海津大崎より琵琶湖をのぞむ)


乙女チックにひたっての帰り道

京都で「ラーメン横綱」醍醐店に入店・・

にんにくを、小袋2個ぶん入れて



食べました(◕ฺ∀◕ฺ)

にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ

ゲップ



な・・わたしにポチッと☆

ゲップ☆



[PR]

by nararanran | 2015-11-08 19:20 | 滋賀県
2013年 11月 16日

琵琶湖タワーの観覧車解体



昨日のニュースで滋賀県「びわ湖タワー」の観覧車解体の特集をしていました。

10月27日の写真
たまたま、この日琵琶湖大橋を通ったら、解体をしていたので
「ようやく解体やなぁ~~~」と

a0220813_10192980.jpg



11月13日の写真
次に通った時には観覧車の廻る部分は、すでになく土台のみが残っていました。

a0220813_10223535.jpg



ベトナムに輸出されるのだそうです。
新たにベトナムの地で子どもたちの歓声を聞く事になるようで
きれいに色も塗り直すだろうし、よい結果になったなぁ~と思います。


※ 48年前に開業した「びわ湖タワー」
   1992年に「イーゴス108」という名の観覧車がお目見え
   108メートルの大観覧車で”スゴーイ”の逆の”イーゴス”+”108”で「イーゴス108」と命名
   2001年惜しくも閉園となったそうです。





にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

↑ 足あとかわりにぽちっと
  ありがとうございます(^-^)

  今日の奈良市内は朝から快晴~~~
  京都方面は紅葉狩りで車がいっぱいやろうな^_^;
  週末に晴れてよかったですね。
  みなさま、素敵な週末をおすごしくださいませ~。



  
[PR]

by nararanran | 2013-11-16 10:43 | 滋賀県 | Comments(24)
2013年 07月 27日

醒ヶ井の梅花藻(ばいかも)


大好きな梅花藻(ばいかも)
滋賀県の米原の地蔵川に咲く梅花藻(ばいかも)の花
清流でしか咲かない梅花藻(ばいかも)です。

a0220813_233710.jpg



今年は、まだちょっと早くってあちこちで満開ってことじゃなかった。
そして赤い梅花藻が見れませんでした。

一昨年は、満開の梅花藻が見れて
昨年は、9月に行ったら遅くて
今年こそはと思ったけれど、ちょこっと早かったかな?
それでも観光客の方がいっぱい



ずっと山野草が好きで「「サギソウ」と「大文字草」を初めてみて大好きに。
そして、そのあとに「梅花藻(ばいかも)」を見て、またまた好きな花のひとつに。



a0220813_2311465.gif



※ 滋賀県米原市醒ヶ井 地蔵川周辺




にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

↑ 足あとかわりにぽちっと
  ありがとうございます(^-^)

  今日も1日湿度が高くて暑かったですね・・・・。
  醒ヶ井からの帰りには、あちこちで盆踊りや花火大会。
  夏ですね~~~ちょこっと京都南部の花火をみながら帰ってきました。
[PR]

by nararanran | 2013-07-27 23:19 | 滋賀県 | Comments(22)
2013年 07月 02日

奥琵琶湖で土足厳禁の境内




奥琵琶湖 菅浦地区の須賀神社


淳仁天皇が近江石山に造営した保良宮からとられている「保良神社」と元々は称し
天平宝字8年(764年)11月創立【淳仁天皇崩御764年10月】と伝えられていることから
淳仁天皇の御隠棲の地で奈良時代に淳仁天皇が営んだ平城京の北の都「北京」とされた
保良宮跡だとも云われてるそうです・・。


a0220813_11353370.jpg



この石段は「土足厳禁」につき地元の方は素足で登られるそうですが、
私たちのような参拝者向けに下足箱が置いてあり、履物を履き替えるようになっています。
神聖な場に踏み入れることへの、地元の方々の神域に対するお気持ちが深く伝わります。
もしかして、古の日本人は皆そうだったのかもしれない・・・・。


a0220813_1139572.jpg






a0220813_11393112.jpg





a0220813_11395743.jpg





神社から見た奥琵琶湖


a0220813_11413512.jpg




石段より見た参道と奥琵琶湖


a0220813_1141585.jpg




菅浦地区は集落入り口(東西南北4箇所)に四足門が置かれ、集落の内を明確にしています。
資料館には乾元元年(1302年)に墨書に菅浦の境を絵図に記したものも残されていました。



※淳仁天皇は廃され、大炊王(おおいおう)(淡路の廃帝)とされ淡路に遷じられて
  天平宝字8年(764年)崩御されたと伝えられています。 
  しかし、この地では、淡路は淡海の誤ったものだと伝えられています。





にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

↑ 足あと代わりにくぽちっと
  ありがとうございます(^-^)
 
  数十年前までは陸の孤島だった菅浦地区。
  陸地にありながら、徒歩で数キロ歩いて(車が通る道がないから)
  そこから渡し船だったそうです。
  
[PR]

by nararanran | 2013-07-02 12:57 | 滋賀県 | Comments(20)
2013年 06月 20日

薄いけど美味しい~でっち羊羹♪





近江八幡ゆかりの和菓子 でっち羊羹
天然の竹の皮で包んで蒸してあるので竹の香りが食欲をそそります。


a0220813_9234658.jpg




歯ごたえが、もちもち~つるつる~っ、一人で何枚も食べれる私


a0220813_9264323.jpg





※ でっち羊羹の由来

   大阪や関東の商家に奉公に出ていた丁稚さん達が藪入で帰郷の際に、
   ご主人や番頭さんへのお土産にしたことから。
   手ごろな値段で、お給金の少ない丁稚さんでも買えたことから
   いつしか「でっち羊羹」と呼ばれるようになりました。

   また、菓子屋用語でこね合わせることを「でっちる」ともいい
   小麦粉と小豆餡を練り合わせる工程から「でっちる羊羹」、
   転じて「でっち羊羹」となったという説も

                             (「和た与」さんのしおりより)




にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

↑ 足あとかわりにぽちっと
  ありがとうございます(^-^)

  昨晩は奈良市内も大きな雨が降っていましたが
  朝には小康状態になりました。
  
  ちょこっとダイエットを始めたのですが
  お菓子はOK!
  こんなんじゃ痩せれないかナ~(^_^;)
[PR]

by nararanran | 2013-06-20 09:38 | 滋賀県 | Comments(24)