奈良らん

nararanran.exblog.jp
ブログトップ
2018年 03月 08日

二月堂のお水取りも後半に






奈良の二月堂のお水取り




14日間、足元を照らしてくれるお松明も後半にはいります。


2月21日にはられた結界の樒(しきみ)も色があせてきました。





a0220813_10244297.jpg
(2018年3月7日 奈良 二月堂)



「色あせて その姿にや 恋こがれ」(今日の一句)
若い頃は、「枯れた姿」にしか見えなかったし
「終わり」にしか感じなかったですが。
この10年ほどに至っては
「枯れた様」が愛おしくなるように。
こうやって徐々に老いているさまを
ちゃんと受け入れて年相応に生きれるといいのですが
なかなか思うようにはいかないもんです。








ほっとフォトコンテスト





[PR]

by nararanran | 2018-03-08 10:36 | 奈良の二月堂お水取り | Comments(16)
Commented by dima02 at 2018-03-08 12:13
私は気持ちは30代ですww
Commented by time_rose_doll at 2018-03-08 14:19
伊勢では「しきび」って言ってたよ
ずっと訛ってるの知らなかったのよ~😆
そうか…私が古物好きになったん年のせいかもしれん(笑)
Commented by nararanran at 2018-03-08 15:30
dimaさん
おぉ~うらやましい^^
わたしなんて、心も老化・・・笑
Commented by nararanran at 2018-03-08 15:32
rose_dollさん
やっぱり「しきび」やよね^^;
漢字を検索したら「しきみ」って買いてあったから
私が訛ってるんやんぁ~って思ってた_| ̄|○

いっつもオットに「訛ってる」って言われるから
間違ってないか、検索してしまうんやわ(苦笑)
Commented by shizuo7f at 2018-03-08 16:00
らんさん、こんにちは~!
本当ですね~、
「…ちゃんと受け入れて年相応に」。
自分の中に、結構逆らう自分がいます(^_-)-☆。
諦めとは違うんですよね、受け容れるって。
改めてそう思います。
Commented by shilave at 2018-03-08 16:16
結界には樒の葉っぱが使われるんや
むかーしお葬式があるとでっかい生樒が白布に半分包まれて立てられてたけど
関係あるんやろか?


ほんとほんと、以前は枯れ葉になんぞ、枯れてる、ぐらいで
子供の時分はミノムシと一緒になってて 嫌いじゃなかったけど何の感情も持たなかったのに
葉っぱの一生を感じるときがあるね
も、十分オトナだもんなー笑


Commented by kurese0535 at 2018-03-08 16:18
こんばんわです。
いや〜、体力以外は永遠の〇歳でありたい(^_^;)
え、体力に足を引っ張られるって(゚o゚;;

今日の雨風、ちょっと梅やらに影響がでそうな予感です。
午前中に城南宮へ行ってきましたが見頃でした。
お天気が残念でしたけど。
Commented by nararanran at 2018-03-08 16:44
shizuoさん
こんにちは!
「受け入れる」のって難しいんだけど
昔のお年寄りは、「受け入れ」ていたように思います。
そうそう、逆らう自分もいる(笑)
諦めるのではなく、「受け入れる」・・
やっぱ難しいか(笑)
Commented by nararanran at 2018-03-08 16:47
きみちゃん
たぶん「樒」やと思う。
ちがうんかなぁ~。

こっちでお葬式みた時は
白い大きな布に包まれていた樒をみて
なんだろ~って思って見てました。
どういう意味があるんやろうね?????

枯れ葉は目もくれなかったのにな~
ここ何年かは、けっこう枯れた花とかもいい感じで
好ましいと思うように。
これも何でやろか?笑
ミノムシもなんとかっていうのに指定されて
貴重な生き物になってしもてるしね(T_T)
Commented by nararanran at 2018-03-08 16:52
kureseさん
こんばんはです。
kureseさんの永遠の○歳は何歳なんやろか(笑)
そやね~30歳代後半がいいかなぁ~
体力もあって、痩せようと思ってもすぐに痩せれて^^;

城南宮、見頃でしたか!
今日の雨が夕方からなら行こうか迷っていたんですが
天気予報では早めのようだったので行かず。
写真、楽しみにしています(⌒▽⌒)
Commented by francana at 2018-03-08 19:23
わかります!
枯れた様子を美しく感じるの、やはりそれなりの年になった証拠なのでしょうかね(笑)。
年相応、こころがけたいです。
↓きれいな椿の花ですね。春は和菓子も鮮やかになりますね~
Commented by aaic5454 at 2018-03-08 22:37
うーん。。深い!
「わたしが♪ オバさんになっても♪」
というお歌があったね(笑)浅い。。。
             でん母
Commented by nararanran at 2018-03-09 09:51
francanaさん
わぁ!
わかってくれますか!
嬉しいです。
若かりし頃と見方が変わってきたということなんでしょうけど
自分では、いい風に変わってると思っています(笑)
しがみつかないように・・・こころがけたいです。
難しいんだけどね。

和菓子で季節のうつろいを感じることができるので幸せやなぁ~っと
しみじみ思います。
Commented by nararanran at 2018-03-09 10:00
でん母さん
ほぉ~たまにはね(笑)
「わたしが♪ オバさんになぁ~っても♪」
この歌、キーが高すぎて歌えない^^;
でも好きやったわ~。
今も可愛い森高千里さんは素敵♪
Commented by umi_bari at 2018-03-09 13:33
いよいよ、奈良も春になりますね。お水取りのバグースな迫力写真を待っています。
Commented by nararanran at 2018-03-09 15:18
アラックさん
奈良にも春が来ますね~
カメラさんぽも増えてBlog更新も増えました(笑)

夜のお水取りには今年は行っていなくて
迫力写真は縁遠いです^^;


<< 奈良の佐保川沿いにも河津桜が咲...      お水取りのお菓子 中西与三郎さ... >>